北海道医療大学歯学部同窓会

border_top
entry_titleline

エジプト政府公認臨床研修、本学口腔外科で始まる

Egypt-Japan Education Partnership( E J E P)は2016年2月にエジプトと日本政府との間で締結されたもので、目的はエジプトの若者の能力を強化しエジプト・アラブ共和国に平和、安定、発展及び繁栄をもたらすことです。
今回、この一環としてエジプト国よりNagwan Ali Saeed  EIsayed先生が来られ、本学口腔外科永易教授のもとで8月19日から1年間の研修が始まりました。
エジプト政府に選抜された歯科医師第1号になったNagwan先生は外国人臨床修練医制度の許可のもと実際に日々の診療に当たっておりますがその取り組む姿、学ぶ姿勢はとても立派なもので周りの皆にも良い刺激を与えているようです。

今回の研修受け入れは本学では過去に前例のない国家間の公的研修で、それを行うにあたり、何ヶ月も前から永易先生とエジプト政府との間で連絡を取り合い種々の書類の申請から研修費用の設定など細かい協議を重ねておりました。
結果、厚労省からようやく外国人研修許可書が発行され、この研修が実現することになったことは本当に良かったと思います。
加えて食や文化、言語など異なる環境のなか、不安と恐れを抱いて来られた先生を温かく迎え、住まいの用意や家具、電化製品の準備、そして色々な生活のお世話を献身的にされた永易先生ご夫妻には本当に頭が下がります。
以前、台北医科大学の学生を2ヶ月ほどご自宅に受け入れてくれた時もそうでしたが、改めてお二人の愛に深く感謝しお礼を申し上げます。
この様に入国から実際の研修が始まるまで大きな問題もなく流れた事例は他の大学医療機関ではないとのことで、永易先生ご夫妻始め北海道医療大学の愛ある一生懸命な対応にエジプト政府の方々は安堵しとても喜んでくれました。
この一年、永易先生始め北海道医療大学の大きな愛をいっぱい受け身のある素晴らしい研修になることを切に期待しております。
そしてこの度の「ご縁」で本学の懐の深さを知って貰ったかと思いますが、これからも両国間で多くの国際交流がなされ、エジプトと我が国の未来を築く次世代の医療人が育ち持続的な発展に繫がるこを信じてE J E P研修の報告と致します。

蓑輪隆宏

 

左から  永易先生  Nagwan先生   エジプト領事館の方々

 

 


 

 

 


border_bottom

最新のお知らせ
会長挨拶
役員名簿
支部一覧
会則
スケジュール
同窓会便り

会費のお支払いについて

未来基金

北海道医療大学 校歌配信中

事務局  〒060-0806 札幌市北区北6条西6丁目2-11 第3山崎ビル4F Tel.011-299-9069 Fax.011-299-9609

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM