北海道医療大学歯学部同窓会

border_top
entry_titleline

岡村敏弘先生 教授就任記念学術講演会(北海道支部連合会主催)

令和元年6月8日(土)午後6時30分より本学サテライトキャンパスにて岡村敏弘先生(本学予防医療科学センター医学部門)の教授就任記念学術講演会が開かれました。
演題名は「北海道の歯科界が適正に評価されるために〜なぜ都道府県格差の分析が必要か〜」と題してです。

「北海道の診療報酬の平均点数が高いのはどうして」と私も他県の方から聞かれることがありますが、この違いはどこにあるのでしょう。
大きな要因の一つは修復、補綴などの処置を多くの先生たちが一生懸命保険診療内で提供しているからだと云われております。
これは北海道の自費診療の割合が少ないことを見ても分かることですが、他にも他県との根本的な違いがどこにあるのか詳しく知りたいところです。
いずれにせよ医療経済実態調査など各種調査から各都道府県の事実を知り、それを可視化、共有し地域格差の原因、理由を探りその後に生かしていくことが必要なのではないでしょうか。
これからさらに進む地域包括ケアシステムの枠組みのなか、国の限られた医療費が各都道府県別に分配された場合、どんな形になるのか注意深く見ていかなければなりません。
今回の講演は長年、医療保険行政の現場のど真ん中でご活躍されていた岡村先生だからこそのお話で大変重要で本質的なものでありました。

遅くなりましたが、岡村先生は昨年6月1日より長年(25年8ヶ月)務められた厚生労働省北海道厚生局  歯科保険指導医療官の要職を辞し、本学予防医療科学センター教授に赴任されました。
現在、歯学部始め病院の運営発展にその大きな力を発揮してくれておりますこと同窓生の一人として本当に有難く思っております。
そして今もその実力を求められ北海道厚生局において非常勤ですが、保険指導医として貢献されております。
前職の指導医療官時代は北海道の歯科の保険診療の価値を高めるべく我々開業医を尊重し正当な導きをしてくれました。
そんな北海道の歯科界を想う素晴らしい岡村先生が本学に加わってくれましたことは本学はもちろん北海道の歯科界にとって誠に意義深いことであります。
今後、岡村先生の貴重なご経験と熱意そして深い知識が北海道そして我が国全体の歯科口腔医療のさらなる充実に繋がることを信じて止みません。

最後に岡村先生の益々のご活躍と未来の口腔医療界の幸せを切に願い岡村敏弘先生教授就任記念学術講演会の報告と致します。
岡村先生、本当にありがとうございました。

蓑輪隆宏


border_bottom

最新のお知らせ
会長挨拶
役員名簿
支部一覧
会則
スケジュール
同窓会便り

会費のお支払いについて

未来基金

北海道医療大学 校歌配信中

事務局  〒060-0806 札幌市北区北6条西6丁目2-11 第3山崎ビル4F Tel.011-299-9069 Fax.011-299-9609

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM