北海道医療大学歯学部同窓会

border_top
entry_titleline

北海道医療大学 各同窓会合同学術講演会(第十二弾)

平成31年3月9日(土)午後2時より北海道経済センター(札幌)にて上記講演会が開催されました。
この講演会は歯学部同窓会北海道支部連合会、札幌支部、言語聴覚療法学科同窓会、看護学科同窓会、福祉・介護同窓会、歯学部附属歯科衛生士専門学校同窓会、薬学部同窓会が協力して毎年、3月に開かれるもので今回で12回目を迎えます。

 

講演者は 戸原 玄先生(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科 准教授)で「摂食嚥下障害の評価と訓練の実際」と題して話されました。
大変お忙しい戸原先生にとりまして、今回この講演会が通算1000回目となるというお話があり、会場内は「えっ〜。」と湧きました。
節目であり記念となる今回の講演会が我が校同窓会の主催で開催出来たこと、大変光栄なことでありとても嬉しいことです。
190名の参加者を得た講演会は戸原先生の現場での具体的な体験をユーモアを交えて「在り方」「やり方」のお話しそして「やり方」の実演など盛り沢山の内容で少しでも多くのことを持ち帰って貰いたいと思う先生の「愛」を感じた素晴らしいものでした。

 

「口から美味しく食べて貰うこの分野の仕事は医療、福祉の誰がやってもいいのではないか」との言葉が印象に残っております。

北海道のみならず日本の医療、福祉を守るべく、各学部、専門学校合わせて3.700名の次世代を担う医療福祉人を有する大学となった本学は、自ら掲げる「医療多職種連携」をさらに深め、高齢化社会の問題に応えられる人財を育成し輩出することが使命です。
その為には現場で奮闘する先輩同窓生が、後輩たちの歩むべき道筋を明るく照らしてあげることが必要でしょう。
その意味で毎年開催されるこのコラボ講演会は多職種が連携し何ができるのか、何をすれば良いのか毎回示唆してくれことはとても意義深いものと思います。今後、さらにこの講演会が医療と福祉の垣根を越えた包括的な情報発信の場となり、責任を果たす核であり続けること信じております。
講演会後は戸原先生と講演会を最初から聴講されていた東郷理事長も加わり懇親会が開かれ学部間の情報の共有ができたことは良かったことです。
最後に今回、担当された薬学部同窓会始め準備して下さった関係各位の皆様に心から感謝し報告と致します。

 

蓑輪隆宏

 

 

 


border_bottom

最新のお知らせ
会長挨拶
役員名簿
支部一覧
会則
スケジュール
同窓会便り

会費のお支払いについて

未来基金

北海道医療大学 校歌配信中

事務局  〒060-0806 札幌市北区北6条西6丁目2-11 第3山崎ビル4F Tel.011-299-9069 Fax.011-299-9609

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM